あの頃

楽しくて楽しくて、

たまらなく幸せになりたい!って想って、

周りの人から

「すごいね!」

「素敵ですね!」と言われることを

必死にやっていました。

 

 

ん~~~

なんで?って言われると、

よくわかりません笑

必死にやっていたのでね。

 

 

実は9年前に離婚したんですが、

どうやらその行動のクセは

その頃に習慣になってしまったようなんです。

 

 

結婚して15年目の時。

擦れ違いばかりの主人とやり直すには

私が歩みよれば、私が理解し妥協すれば、

私が、私が・・・・・

これはあまりにもエネルギーがいる。。。

それなら

“新しい自分の人生にエネルギーを注ぎたい”

という私のわがままで離婚しました。

 

 

二人の娘たちの親権は主人に、監護養育権は私。

あっ、監護養育権とは、一緒に暮らし育てることです。

 

 

私のわがままで離婚したので

娘たちのことを

一人で考えることになりました。

 

 

ひとり親だから・・・と言われないように、

恥ずかしい大人にならないように、

元旦那さんに認められるようにと、

頑張っていました。

 

 

「父親」=男性性が強くなったことで

「母親」=女性性が弱くなるどころか、

そのうちなくなっていったんです。

 

 

そしてとうとう

子宮頸がんの手前

前がん状態ステージ0期と診断されました。

 

 

一気に目の前が真っ暗になり、

娘たちに将来を私は見る事ができない、と

ステージ0期という早期発見にも関わらず

死を意識してしまいました。

ガンという響き、

それだけで毎日生きたいという気持ちと

生きなければ!という気持ちが入り混ざっていました。

 

 

上皮を切除する手術は

2泊3日の入院で済みました。

 

 

娘たちには東京に出張と話し、

実家の父母に頼みました。

 

病は心のクセに秘密があるんです。

 

 

それ以来、いつかではなくて、

今、今が楽しくて

幸せと感じる事が大切なんだってになりました。