「エロい」

「抱きたい」

「いやらしい」

 

 

こんな言葉を

男性たちからの褒め言葉と

無理矢理にでも受け容れた時から

私の女性性が輝きだしたようです。

 

 

っと、ここで先日、運転免許証をうっかり失効してしまった

その理由が、ひとつ発覚しました。

 

これ、この写真。。。

IMG_7914

あまりにも酷くて見たくない。。。

だから免許証を見ていない、ということで

身分確認なんかは保険証やパスポートで済ませていたのです、、、

 

 

この当時、なぜこの顔つきで

男性にモテ始めたのかは疑問でしかないのですが・・・

 

こんなわたしが今のわたしになれた秘密を知る旅

“習慣”がカギ!輝くわたしになれる方法

 

 

話を戻しますね。

なぜ「エロい」と言われて

嫌な気分になるんだろう?

 

 

わたし自身に聞いていくと、

「性的な対象として見られている」 と、出てきました。

 

 

さらに、性的対象に見られるってことは・・・・

 

 

 

「繁殖可能って、見えてる?」

 

「自分の遺伝子を残してくれそうって、見えてる?」 

 

「わたし、メス?」

 

 

 

常々、人間もこの美しい地球という星に住んでいる生物と

意識して暮らしているわたし。

 

 

だからこそ、暮らし方って大事!と想っています。

 

 

 

人間も哺乳類で、魚類も昆虫も微生物も

生物と分類できる生き物=命あるもの は、

あらゆる形で子孫を残す仕組みが備わっているわけです。

 

 

子孫を残すという前提に恋愛がり、

オスとメスが互いに惹かれ合い、

相手が生殖のパートナーとして

相応しいか見極めているということで。

 

 

「わたし、選ばれているってことね♪」と

悦んでいる自分がいました。

 

 

まぁしかし、この写真は凄すぎるわぁ (´д゚`ll)

でもこの時は今の彼と付き合いだしていて、

わたしで大丈夫なのか?

なぜわたしだったのか?と聞いてしまいました(笑)

 

 

そういう意味でも

彼はわたしにとって 「神的な存在」 なのです。

 

 

そしてこの彼からの気づきでさらに変化していくわたし。

今日はここまで。