昨夜、珍しくつけたTVで

Disny映画【インサイド・ヘッド】

をやっていました~

 

ヨロコビ、

カナシミ、

イカリ、

ムカムカ、

ビビリ、

 

11歳の少女の中にある、

この5つの感情がキャラクターになって

少女の成長を見守るストーリー。

 

 

展開は、引越しをして

友達と離れ離れになったり、

大好きなアイスホッケーができなくなった、

「カナシミ」に気づかないふりを

していることから始まる。

 

 

幸せになること、と真逆に感じられる「カナシミ」

必要な感情???がテーマ。

 

 

ここからは私の意見。

「カナシミ」のようにネガティブな感情って

誰もが拭い去りたい、

できれば持ちたくないようなもの。

 

 

でも「カナシミ」がなければ

私の中で想う、【最強デトックス】でもある

【泣く】ことができなくなるよね~ 

 

 

だから、とても大事な感情であって

決して悪者ではなく、必要な感情のひとつ!

 

 

映画では、本質も答えがありますが、

観ていないかたにネタばれになるので、割愛しますが。

 

 

もう一つ、映画の中に出てきた

重い扉で鍵がかかっていて、

扉を開けると、暗くて長く降りる階段が・・・・・

  

 

そこは、潜在意識の部屋。

 

 

潜在意識の中には

傷ついた想い出、

つらかった想い出でいっぱい。

 

 

ここに少女を動かすヒントがあった!

 

 

そう!潜在意識の中なんだよね~

 

 

ここ、魔法の教室でもお話している部分でもあります。

 

 

もちろん私のセミナーは魔法の教室もMIXしていますので、

この潜在意識のついても詳しくお話しています。

 

 

どれも自分の中に在る感情、気持ち。

 

 

 

何がなくなっても困るし、

バランスがとれませんよね。

 

 

どれも愛おしい私自身。

 

 

 

ポスターにある言葉がすべて!

「頭の中の“感情たち”が、あなたを“幸せ”にします」